[わいわい]息継ぎなし!?喋りまくる奈良の怪物実況者!!わいわいのおすすめ動画

PICK UP!

2009年4月10日、『【実況】I wanna be the fungame友人に実況させてみた』で実況者デビュー。最近は夜からの雑談放送の比率が上がってきている。

スポンサーリンク

I wannaシリーズ

2009年12月21日に投稿された本作。わいわいのアイワナシリーズの茶番をまとめた動画。ファンの投稿動画だが、まさかのわいわい許可済み。わいわいの良さが詰まった作品。実況だけでなく歌もうまいのが分かる。ハマった方はアイワナシリーズの視聴もおすすめ。

I wanna(アイワナ)シリーズは、2008年1月30日にリリースされたI WANNA BE THE GUY(アイワナビーザガイ)及び派生作品である。高難易度アクションゲーム。二段ジャンプと銃による攻撃を駆使してステージをクリアしていく。りんごやトゲなど目に見える物だけでなく、背景だと思っていたものまで攻撃してくる。クリアするためには折れない心が大切。

Planet Coaster

2016年11月21日に投稿された本作。わいわいに自由を与えると、創造性が爆発。楽しそうに次から次へと遊園地を拡大。見る者を引き込む。

Planet Coaster(プラネットコースター)は、2016年9月17日に発売されたゲーム。自分だけの遊園地を作れる。キャリアモード、チャレンジモード、サンドボックスモードの3つのモードがある。キャリアモードでは出される課題をクリアしていく事でゲームのいろはを学ぶことができる。チャレンジモードは、資金のやりくりが鍵となる。サンドボックスモードは、自由に好きな遊園地を作れる。オンラインでは他人の作った遊園地を訪れることもできる。自分だけの遊園地を作ってみんなに自慢しよう。

#1【steam】わいわいの”遊園地作ろっ!”【PlanetCoaster】

Scrap Mechanic

2016年4月2日に投稿された本作。どこから湧いて出てくるのか分からない無限の発想力。果たしてわいわいは車を作成することができるのだろうか。

Scrap Mechanic(スクラップ マシーン)は2016年1月20日にリリースされたゲーム。全自動の農業惑星にたどり着いたロボット整備士のプレイヤー。襲ってくる農業ロボットからの攻撃を潜りぬげ生き延びろ。本作の特徴は自由気ままに機械を作成できる点にある。自動車、バイク、飛行機などありとあらゆる機械を作成できる。創造力をフル回転して遊んで見てはいかがだろうか。

[Scrap Mechanic] 発明家はじめました #1

Bouncing Duck Simulator

2018年11月16に投稿された本作。アヒルをバウンドさせるだけなのに何故こんなに面白い実況動画が作れるのか。わいわいの本領が詰まった作品。

Bouncing Duck Simulatorは2017年9月8日にリリースされたゲーム白い壁に囲まれた密室でアヒルを1000,000回バウンドさせる。カウントが一定数に達した時、壁のボタンを押すと新しいアヒルや電池が出てくる。電池はアヒルに使うと大きくすることができる。大きくなったアヒルは1バウンドで増えるカウント数が増加する。終盤、無数にバウンドするアヒルたちと急激に伸びていくカウントは気持ちがいい。

アヒルを1000,000回バウンドさせるゲーム【Bouncing Duck Simulator】

Cities: Skylines

2016年10月20日に投稿開始された本作。高学歴と賄賂で市長となったわいわい。ゲームの説明がその都度入るので、この手のゲームを触ったことがない人にも分かりやすい。車や建物の改名にはわいわいのセンスが炸裂。

Cities: Skylines(シティーズ:スカイライン)は2015年3月10日に販売されたソフト。都市開発シミュレーションゲーム。水や電気、道路を引いて都市を発展させて行こう。住宅区画、産業区画、商業区画など細かく分かれている。停電や火事も起こるので、消防や警察などの公共設備の充実も大切。また公共設備の充実は、住民の満足度にもつながり住民が増加する。やることは多いが決して難易度が高いわけではない。あなたも自分だけの街を作ってみてはいかがだろうか。

バカな市長の街づくり #1【steam】

コメント

タイトルとURLをコピーしました