[ジャック・オ・蘭たん]実況界の三葉虫!!ジャック・オ・蘭たんのおすすめ動画

PICK UP!

2007年7月28日、「ゼルダの伝説風のタクト 実況風プレイ」で実況者デビュー。幾度の改名を行いながらも実況動画を上げ続ける。2016年6月10日、hacchi(ハッチ)、すぎる、shu3(シューサン)からなる「ナポリの男たち」を結成。2020年9月10には、実写動画を投稿し活動の幅を広げている。

スポンサーリンク

鉄人28号

2013年10月27日に投稿が始まった本作。圧倒的なパワーを持つ鉄人28号を得た蘭たんは町でやりたい放題。なんでもできるゲーム性と蘭たんの発想力が絶妙なマッチ。自由奔放な蘭たんに敵なし。

鉄人28号は2004年7月1日に発売したps2専用ソフト。プレイヤーは正太郎となり、リモコンを用いて鉄人28号を操作する。正太郎での位置どりが大切で近すぎると、戦闘に巻き込まれてしまい、遠すぎると鉄人28号がしっかり確認できない。リモコンで大型ロボットを操作するという子供の夢をそのまま叶えた作品である。目的は悪の組織「X団」の壊滅。そのためには町を破壊したり人を投げたり何をしても良い。とても自由度が高い。

ぼくのなつやすみ2

2020年7月6日に投稿が始まった本作。昔を偲びながらプレイする蘭たん。本シリーズは毎日投稿されており、8月に近くにつれゲームも終盤へ。ぜひ夏に見て欲しい。

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇は2002年7月11日に発売したps2専用ソフト。プレイヤーは小学三年生の「ボクくん」となり、8月1日から1ヶ月間を伊豆半島の田舎町で夏休みを過ごす。小学生の頃を思い出すようなイベントの数々。ラジオ体操、魚釣り、虫取り、海水浴、アサガオの水やり、絵日記など。それに加え、夢見る少年、昔のように遊ばなくなってしまった異性の2人、子供にうまく接することのできない母など「ボクくん」の視点から様々な人間関係が描かれる。

はじめての「ぼくなつ」【ぼくのなつやすみ2】#1

ホットライン・マイアミ

2016年11月4日から投稿が始まった本作。バイオレンスで難易度の高い作品に、ハイテンションで挑む蘭たん。打ち切りとなってしまったが、何度も見直したくなる中毒性を持っている。

2014年2月21日、日本語版発売。その後様々なプラットフォームで販売されている。プレイヤーはマイアミを舞台に、ロシアンマフィアを縦横無尽に殺していく。スピーディーな戦闘とバイオレンス表現、サイケデリックなビジュアルに引き込まれる。難易度の高い本作は、何度もゲームオーバーになるが、ロードが全くなくリスタートできるためストレスを感じない。

とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ

2016年4月23日に投稿開始された本作。ハム太郎を全く知らない蘭たんのハム太郎実況。恒例の名前決めはセンス爆発。ハム太郎に愛着を抱いていく蘭たんに注目。

『とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ』は2002年5月31日に発売されたGBA専用ソフト。みんなの仲を裂こうとするデビハム。ハム太郎はデビハムの悪さを阻止することができるのだろうか。本作はおはなしアドベンチャー。ハム太郎たちが使う独自の言葉「ハムご」を使い物語を進めていく。ハムごをどんどん覚えて巧みに使いこなそう。

ハム太郎でも恋がしたい!【とっとこハム太郎3】#1

キングダムハーツ

2018年6月14日に投稿開始された本作。蘭たんのディズニー愛炸裂。グーフィーやドナルドへの愛のあるいじりは爆笑必須。

キングダムハーツは2002年3月28日に発売されたps2専用ソフト。ソラは離ればれになった友達のリクとカイリを見つけるため、ドナルドやグーフィーと共に様々なディズニーの世界を旅する。ディズニーおなじみのキャラだけでなくファイナルファンタジーのキャラも登場。まさに夢のゲーム。プーさんとの蜂蜜採取や次のワールドまでいくまでのグミシップなどミニゲームも盛り沢山。キンダムハーツの処女作ということもあり、カメラが近いのが難点。ジャンプの距離を掴むのにやや時間を有する。

アンアンマン

2009年12月24日に投稿された本作。蘭たんが聖夜の戦士アンアンマンに扮し、悩みを解決していく。2009年から2011年の3年間クリスマスに投稿されていた。Twitterにて復活を遂げたがその後音沙汰なし。同シリーズは終わりを告げた。下ネタ多くても大丈夫な人には刺さりまくる作品。2011年には当時良くコラボ配信を行なっていた実況者がゲストとして登場。

コメント

タイトルとURLをコピーしました